<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ベツレヘムでのクリスマス

ベツレヘムのクリスマスは、世界中からの観光客で大にぎわいでした。
d0175983_193563.jpg


d0175983_19633.jpg


d0175983_1973768.jpg


d0175983_1859977.jpg


d0175983_192593.jpg


教会から見た景色。
d0175983_19121849.jpg




来てみれば、こんなに日本人が!
みんなでお揃いのサンタ帽を買って、まるで遠足気分024.gif
d0175983_1826580.jpg


d0175983_18561079.jpg


d0175983_19375981.jpg


d0175983_1937485.jpg


d0175983_18433344.jpg


d0175983_18461491.jpg


d0175983_18523183.jpg





夜のベツレヘム。
d0175983_316758.jpg


d0175983_3111644.jpg


d0175983_18502314.jpg


d0175983_3121983.jpg


サンタさんからプレゼントをもらっちゃいました037.gif
d0175983_31338100.jpg



キリスト生誕の場所。
d0175983_384782.jpg


ここも大混雑。
やっぱりこういう場所は、静かにじっくり味わいたかったな。
特別な日にここに来られただけでも充分贅沢だけど。
d0175983_362384.jpg


d0175983_372543.jpg




イスラエルとパレスチナ自治区とのボーダー。
つい先日も、イスラエル軍がパレスチナ自治区を空爆したというニュースを聞きましたが、まだまだこのパレスチナ問題の解決は難しいのかもしれません・・・。

d0175983_3184244.jpg




夜はエルサレムの教会のミサに行って、賛美歌を聴きながらの、感慨深い聖夜でした。
d0175983_3324344.jpg


d0175983_335444.jpg


d0175983_3343994.jpg


d0175983_3364471.jpg





そして25日の夜は、ギターを持って旅をしているアーティスト、charu君のLIVE060.gif
d0175983_321259.jpg


d0175983_19334182.jpg




ジャグリングをやっている清君とのコラボもありの、盛りだくさんのLIVEでした!
d0175983_3232657.jpg




最後はみんなでダンスパーティに!
d0175983_3302297.jpg


d0175983_3313913.jpg




世界共通で楽しめる音楽、幸せにしてくれる音楽の力ってすごい!


想い出深いクリスマス。

こんな素敵な締めくくり、来年もいい年になりそうです012.gif



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-31 05:46 | 日々のこと | Comments(4)

イスラエル

エルサレム。
d0175983_17351867.jpg




ここは、世界三大宗教のユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地が存在すると言う、複雑な歴史をかかえた場所。

過去にイランとパキスタンに行ってると、イスラエル入国の時に嫌がらせをされると言う噂もあったので、両方行ってる私は多少の覚悟はしていましたが、意外にすんなり入国出来ました。


聖墳墓教会
d0175983_412646.jpg


イエスが十字架をかけられた場所。
d0175983_17172085.jpg


イエスが息を引き取った場所。
d0175983_17205316.jpg

私も実際にこの祭壇の下にもぐってお祈りしてみたら、涙が出てきました。


d0175983_17225726.jpg


d0175983_492246.jpg



この教会を出ると、イスラム教のアザーンが流れていると言う、奇妙な感覚。


ユダヤ教の聖地、嘆きの壁。
d0175983_416881.jpg

ここは、かつてはユダヤ教の神殿が建っていた場所。
ローマ帝国によって破壊されて、第三次中東戦争でエルサレムの旧市街地を占拠するまでの約1900年間、ユダヤ教徒はこの嘆きの壁で礼拝することすらできなかったそうです。

d0175983_4172120.jpg


d0175983_4182847.jpg



ユダヤ人街
d0175983_1775063.jpg


d0175983_1765934.jpg



男性は、黒帽子、ジャケット、パンツに長いモミ上げをしています。
d0175983_17562.jpg


d0175983_1742819.jpg


d0175983_421435.jpg


このような小さな帽子をちょこんと乗せている人も、そう。
d0175983_4151183.jpg



ユダヤ人の人達はプライドが高いっていうけれど、通りすがりに挨拶しようと思っても目も合わないし、声もかけにくいし、全く私に無関心のようで、壁を感じました...
子供の笑顔もなし007.gif
d0175983_1754054.jpg






夜の嘆きの壁は、クリスマス前ということもあってか、物凄い人でした。
d0175983_17325972.jpg


ここに来て、初めてクリスマスを実感。
それでもクリスチャンは、イスラエルの人口の2%程らしいです。
d0175983_4233859.jpg



クリスマスは、キリスト生誕の地で。
明日パレスチナ自治区のベツレヘムへ行ってきます。

今年は特別なクリスマスになりそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-24 06:28 | 日々のこと | Comments(7)

ヨルダン

ヨルダンの首都、アンマン
d0175983_23396.jpg



ヨルダンと言えば、ペトラ遺跡が有名ですが、近場にある第二の観光名所・ジュラシュ遺跡に行ってきました。

ジュラシュは、紀元前3000年程前から集落があったと言われています。
d0175983_238278.jpg


d0175983_365966.jpg


d0175983_341996.jpg


d0175983_31433.jpg



仕事を中断して、礼拝する人達。
d0175983_237949.jpg



砂で作った作品は、まさに芸術です。
d0175983_391573.jpg


d0175983_2352461.jpg



この子の笑顔がかわいすぎて、思わず一枚053.gif
d0175983_3105829.jpg



こんなところに日本語のお店が027.gif
d0175983_3121447.jpg




次の日は、死海へ。
死海は海抜マイナス390mと、世界一の低地にあります。


海抜ゼロポイントの標識。
d0175983_3131545.jpg


d0175983_3162384.jpg




この日に限って、曇り空。。
青空と一緒に見れなかったのが残念でした057.gif
d0175983_3171995.jpg


d0175983_321476.jpg


d0175983_3201351.jpg


d0175983_3222794.jpg


d0175983_3234659.jpg





寒かったけど、せっかくだから海へ!

ぷかぷか浮いて、死海体験♫
d0175983_326209.jpg


平泳ぎに挑戦しましたが、体が浮き過ぎて泳げませんでした。


そして、死海と言えば、ミネラルたっぷり泥パック!
d0175983_3284130.jpg



欲張って、全身に塗ってきました037.gif
d0175983_33153100.jpg


d0175983_333918.jpg


もちろん顔にも006.gif
d0175983_334094.jpg


d0175983_3354963.jpg


効果はあったような、でもなかったような、、笑

なんだか中学生みたいにはしゃいだ楽しい一日でした049.gif



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-23 08:09 | 日々のこと | Comments(4)

ドバイ

d0175983_18341364.jpg


さすがドバイ!

オイルショックとか言われてたけれど、全然不景気を感じさせなく活気に満ち溢れてました!

着いた時は久々の大都会に体がびっくりして追いついていなかった私042.gif


けど、都会は都会でいいなー!

エネルギーが湧いてきます066.gif




世界最大級のデパート
d0175983_530015.jpg



に、


世界一高いビル!
d0175983_5363950.jpg




に、


世界一の七つ星ホテル!!
d0175983_528264.jpg




因みに世界一のビル、ブルジュ・ドバイは、展望台に上るのに事前予約しないと、8000円以上027.gif
七つ星ホテル、ブルジュ・アル・アラブは、食事を予約しないと入れないらしいです042.gif

アフタヌーンティー100ドル〜・・・

うーん、手が出なくてどちらも断念054.gif



気を取り直して、船観光へ♫
d0175983_5153794.jpg


d0175983_5163960.jpg


d0175983_5203643.jpg



d0175983_523460.jpg





最近出来たメトロも、ピカピカ!
d0175983_5271890.jpg


でもこんなドバイでもこの日は金曜日。
日中はしっかり閉まってました。
d0175983_5141936.jpg




デパートに入っている紀伊国屋。
中東や、イスラム教に関しての品揃えが豊富で、大分立ち読みしちゃいました037.gif
d0175983_18325145.jpg



このブラックチョコレートアイス、美味かった!!
d0175983_18315612.jpg






夜は噴水ショーへ。
d0175983_5405660.jpg


d0175983_5434571.jpg


d0175983_1829572.jpg





世界は、色んな毎日があるんだなー。

バックパッカーには不向きな所だけど、この潤いを感じられただけでも充分049.gif

ここは、また別の機会に別の楽しみで来よう006.gif



刺激を受けたところで、次のヨルダンへ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-22 03:41 | 日々のこと | Comments(2)

バンダルアッパース

ペルシャ湾に面したバンダルアッパース。

d0175983_20413685.jpg




やっぱり海っていいなー!
空気も風も違う。
南国の香りが漂ってます。

d0175983_2141093.jpg


d0175983_21678.jpg


d0175983_21545187.jpg


d0175983_20424519.jpg



早速テンション上がってぶらぶらしてたら、ルートが一緒で今までもちょくちょく会ってるようすけ君と遭遇したので、近くのゲシュム島へ一緒に行くことに。
d0175983_21582763.jpg




ここは、仮面をかぶってる女性をちらほら見かけます。


d0175983_20453163.jpg

基本写真は嫌がられるので、ようすけ君を撮るフリをして撮影しちゃいました006.gif





出発!
d0175983_20464257.jpg

この船、めちゃくちゃ揺れました042.gif




この日はツアーの勧誘にあって、安いし、人がいいおじちゃんだったので、参加することに。
d0175983_21452898.jpg



一緒のツアー客はこんな人達。
d0175983_2052612.jpg



d0175983_20495648.jpg


d0175983_2051073.jpg



d0175983_20531879.jpg



d0175983_21132038.jpg



d0175983_20541717.jpg


d0175983_21521983.jpg


d0175983_2153897.jpg



やっぱり島の夕陽は最高です。
d0175983_20575644.jpg


d0175983_2112425.jpg


d0175983_2121615.jpg


ツアー大満喫でした♫





次の日、再びゲシュム島へ。
d0175983_21112510.jpg



タクシーをチャーターして、村の半分の女性は仮面をかぶってるというラフト村に行ってきました。


隠し撮り037.gif
d0175983_21183086.jpg


d0175983_21191015.jpg


d0175983_21122424.jpg



ラフト村は、時間のゆっくり流れる、静かな集落。
d0175983_21143497.jpg



お願いして、なんと仮面を作っている女性の家を見せてもらうことが出来ました。
d0175983_21172843.jpg


d0175983_2156036.jpg



私も挑戦006.gif
d0175983_21153687.jpg


d0175983_21162631.jpg


早速お土産に購入しました049.gif




ラフト村は、船の生産でも有名みたいです。
d0175983_2120479.jpg


d0175983_2121177.jpg



海と、風と、たまに聴こえる子供達の声。

こんなとこで、なんにも考えないで一日ぼーっとしてたいなー。

d0175983_21231887.jpg


d0175983_227257.jpg


d0175983_2126338.jpg


d0175983_2122259.jpg


d0175983_21241423.jpg


大人だってこの笑顔058.gif
d0175983_21273289.jpg





本当はここから船でUAEに向かう予定でしたが、飛行機の方が安かったので、飛ぶことにしました。

長かったイラン。
色々あったな。

私にとって特別な国になりました。



VISA切れギリギリで脱出!
d0175983_5125972.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-19 23:26 | Comments(6)

ヤズド

ヤズドは、とっても静か。
心が落ち着きます。

この感覚は、イラン入ってから初めてだなー。
この街好きです。

d0175983_2013721.jpg

d0175983_2051173.jpg

d0175983_2022037.jpg

d0175983_2031729.jpg

d0175983_2042232.jpg



d0175983_2064611.jpg

d0175983_2073222.jpg




ホテルも素敵でした。
d0175983_1945572.jpg




夜も雰囲気があります。
d0175983_2083210.jpg

d0175983_2092761.jpg


ただあまり人けが無いので、昨日はストーキングされ、怖い目に合いました。。
ここは殆どの女性は黒のチャドルを羽織っているし、外国人は目立つので、夜の一人歩きは自粛です。




次の日は、沈黙の塔へ。

ここは、1930年頃まで鳥葬を行っていた、ゾロアスター教徒のお墓。
左側の大きい塔が男性で、右側が女性用。
d0175983_20102250.jpg



d0175983_20113580.jpg

d0175983_2012428.jpg



登ってみることに。
d0175983_20132976.jpg


d0175983_2014547.jpg


d0175983_20191740.jpg


d0175983_20203998.jpg


d0175983_20154590.jpg


d0175983_22421445.jpg


d0175983_20163412.jpg





このセンターの窪みで鳥葬していたそうです。
d0175983_20214766.jpg







途中からこのおじさんが来て、丁寧にガイドしてくれました。
d0175983_20232250.jpg



が、ペルシャ語全く分からず、、。
それなのに、めげずに一生懸命ジェスチャーで説明してくれたおじさん。
最後まで殆どわからなかったけど笑、気持ちはしっかり伝わってきました!ありがとう。

帰りはおじさんのバイクの後ろに乗せてもらって帰ってきました。




イランはお酒が飲めないからか、スイーツのお店がいっぱい。
しかも甘過ぎず美味い!

このシュークリームを良く食べてます。
d0175983_20231697.jpg


お金を払ったためしかないけど、、。

良くお店に物を買いに行ってもお金を受け取らなかったり、ただでバスに乗せてくれたり、イランに来てからは日常的にこういうことがあるんです。
当たり前だと思っていたことが、他の国だと全然違ってたりする。

何が常識で、何が幸せ??

って考えさせられる異文化は、やっぱり面白い!



次は更に南下し、イラン最南端のバンダルアッパースへ向かいます!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-18 20:34 | Comments(4)

マシュハド

サリから12時間かけてマシュハドへ。
マシュハドは、イスラム教徒の聖地。
ここは、このハラムを見る以外は何もないって聞いてたけど、この為に来た甲斐は充分ありました!

とにかく規模が凄い!!




チャドルは必須なので、チャドルを来て夜のハラムへ。

d0175983_19442935.jpg



カメラは禁止だけど、なぜか携帯ならオッケーだったので、iPhoneを持って中へ。
d0175983_22234897.jpg


d0175983_22383859.jpg



この日は、休日前日の木曜日だったからか、夜中なのにかなりの人でした。
d0175983_22245432.jpg


d0175983_2226457.jpg


d0175983_22345775.jpg





エマーム・レザーの棺の前。
d0175983_22303116.jpg


この棺に触れる為に物凄い人で、棺の近くにいっても人混みに押されてなかなか触れず、一時間近くかかりました。




号泣している人達、一点を見つめてひたすら祈り続ける人達、私にとっては初めての異様な光景に、衝撃を受けました。
d0175983_22314565.jpg

d0175983_22334749.jpg




次の日の金曜日の休日は、ムスリムの人しか入れないと言うので、土曜日の日中に再びハラムへ。
前回行った時に、カメラを持ち込んでいる人も結構いたので、私もこの日はこっそりカメラを持って入ることに。

d0175983_19473086.jpg

d0175983_19462652.jpg

d0175983_19482955.jpg
d0175983_19495024.jpg
d0175983_1952638.jpg
d0175983_1955199.jpg


中は辺り一面鏡張りで眩しい位の華やかさ。
d0175983_19594729.jpg





イスラム世界に、ただただ圧倒されたマシュハドでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-18 19:37 | 日々のこと | Comments(4)

再びサリ。

サリに着いた日は、アーシュラーの休日(モハンラムの時期での最大の行事)でした。
この二日間は、イランの全ての観光地が閉まっていると聞いて、サリを選んだという理由もあるのですが。

住民全員が、ヘイアトと言われるセレモニーが行われる広場に向かう為、道は大渋滞。

d0175983_17315786.jpg




広場は人の山。。

d0175983_1733225.jpg

d0175983_1734513.jpg

d0175983_17351184.jpg


なんとこの後インタビューを受けて、テレビに出ちゃいました!笑
d0175983_17403433.jpg


エマームホセインについてどう思うかとか、このセレモニーについてどう思うかとか色々聞かれて、私の英語力じゃ何も答えられなかった私、、、笑

通訳のバレシュがうまく答えてくれて、どうやら私の音声は消してくれるみたいです笑
私はもう時間がなくて見られなかったのですが、どんな風に編集されてるのか見たかったー!!



この時期は、ナズリーと言って、願掛けをしている人や、エマーム・ホセインに対しての敬愛の念の深い篤志家がお金を寄付して、みんなに食事を提供するようです。


私も呼ばれて頂いてきました♬
d0175983_19101531.jpg



しかもナズリーは、自分が用意できる最高級の料理をもてなすことが、最も神の意に叶うことだとされているそうで、道理で美味い!

また食べ過ぎました037.gif
d0175983_19112922.jpg

d0175983_19123788.jpg





食事の後はみんなで近くの山にドライブに060.gif

d0175983_19143290.jpg
d0175983_19155768.jpg



落ち葉に寝転がるフェアステ。
こういう大人好きだなー。
やっぱり彼女はアーティストでした010.gif
d0175983_19172560.jpg




056.gifアガボーン056.gif
d0175983_1918488.jpg



そして、アガボーンママ、モジュガーン笑
d0175983_19205138.jpg



幸せ家族053.gif
d0175983_19195978.jpg



あーあー転んじゃった笑。
子供は何をしてもかわいい!
d0175983_19232871.jpg

d0175983_19244368.jpg




集合写真058.gif
d0175983_19222349.jpg




帰ってからは、いつものご近所訪問です063.gif
d0175983_18534850.jpg



アガボーンがマネキュアを塗ってくれました。
d0175983_19275926.jpg

d0175983_1929475.jpg



足まで。
勝手に靴下を脱がすアガボーン笑。

d0175983_1930549.jpg

d0175983_19311512.jpg




完成!笑
d0175983_1932513.jpg




夜はモジュガーンのお母さんのお墓参りに。
d0175983_19352983.jpg

d0175983_19363565.jpg

d0175983_19375255.jpg



道で運転の練習をするアーラーズ笑。
d0175983_19265580.jpg



ヘイアトは夜中まで続きました。

d0175983_19385526.jpg





来てしまったお別れの日。
モジュガーンが、ポエムをプレゼントしてくれました。
(ちょっとばかり重いけど笑)

d0175983_1883539.jpg
d0175983_189524.jpg


心のこもった、素敵なプレゼント。

本当に、ありがとう。





みんなバスターミナルまでお見送りに。
d0175983_19401592.jpg



出逢えて本当に良かった053.gif
d0175983_19412964.jpg





とうとうさよならです。

また会えるといいな。

みんなが流してくれた涙は忘れません。

ありがとう。

心の奥に、想い出が深く刻まれました。

d0175983_19422477.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-18 18:46 | 日々のこと | Comments(2)

エスファハーン

かつては、世界の半分と言われる ほど繁栄していたエスファハーン。

着いた日は夜だったので、近くの橋までお散歩060.gif
ライトアップが綺麗でした。
d0175983_18471825.jpg

d0175983_184824100.jpg

d0175983_18491153.jpg



イマーム広場
d0175983_18535174.jpg

d0175983_190739.jpg
d0175983_18525456.jpg

d0175983_18561361.jpg

d0175983_18551995.jpg

d0175983_1857296.jpg

d0175983_1859474.jpg



ハーバー橋
d0175983_1954011.jpg

d0175983_1931229.jpg

d0175983_1943595.jpg


写生する人。
d0175983_18501116.jpg



チャドル売場
d0175983_1921017.jpg




ミシンに夢中のおじいさん。
仕事人の顔はやっぱり素敵です012.gif
d0175983_191457.jpg





バス待ちの人達。
d0175983_1851382.jpg

テヘランもそうだったけど、交通機関が超満員で、なかなか一回じゃ乗れません。
やっと乗れたこの直後、バスのドアに足が挟まるハメに。。
こっちのドアは日本みたいに優しくなくて容赦ないから、本当に骨が折れるかと思いました。
大声でわめきちらして、やっと運転手が気付いて開けてくれましたが、未だに痛む足です。。





モハンラムの時期は、このような黒旗を良く見かけました。
d0175983_1983916.jpg



イランは、今まさにインフラ。
半年前の情報より物価は倍に上がってるし、思ってたより設備も整っていて観光し易いです。

ただ外食が、、、
味はともかく、品数がない!!
ファーストフードか、お肉そのものとご飯の組み合わせ位しかありません。。

あー、マリアンの料理が恋しい!
と切実に思いながら、この後サリに戻ります。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-17 23:08 | 日々のこと | Comments(4)

バスの中で

テヘランからエスファハーンへ向かうバスの中で、久しぶりに一人になって、色々考える。

最近一人の時間がなかったから、正直ほっとしたり、でもやっぱり別れは寂しい。


めちゃくちゃ寒い中、手袋もしないで手を真っ赤にしながら、遠いターミナルまでバイクで送ってくれたアボルファズと別れてから、なんか急に涙が止まらなくなって、ずっとバスで泣いてました。

旅は本当に色んな出会いと別れがあって、今まで旅で出会った人達一人一人を想い出す。
日本にいる大切な友達や、家族のことも。
あんなこともこんなこともあったなーって、たまに思い出し笑いしながら涙する私はかなり不気味でしたが笑。


つくづく私はいい旅をしてるなって思います。
思い切って旅に出て本当に良かった!!

特に旅好きには変わり者が多くて、みんなそれぞれのアジがあって、本当に面白い!

私はやっぱり人が大好きなんです。

どんな物を見るよりも何よりも、人の生命ほど神秘的で素晴らしいものはないと思います。

みんなみんな同じ尊い命を持って生きてる。
悪いばかりの人なんていないし、いいばかりの人もいない。
それが人だし、凄く魅力的。


明日はどんな出会いがあるだろう。


まだまだ旅は続きそうです。。。


d0175983_1846052.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by akazawamayuko | 2011-12-13 20:54 | 日々のこと | Comments(4)